飛鳥連 徳島娯茶平姉妹連

娯茶平

娯茶平(ごじゃへい)とは

昭和21年に28人の男踊りメンバーで設立された娯茶平は、4度の天覧の栄を賜る伝統をも持つ、本場徳島の中でも最高峰の阿波踊り連です。

娯茶平流と呼ばれる踊りはのんき流、阿呆流とともに、3大主流のひとつとして阿波踊りの見本ともなっています。男性踊りはゆっくりしたリズムと低い姿勢の踊りと「網打ち」を取り入れた独特の踊りで、見る者を魅了します。女性踊りは流れるような踊りと指先まで神経の行き届いた艶やかさで、観客の目を楽しませてくれます。また、ちびっこは、大人顔負けの踊りで娯茶平の名をより高めています。

現在、岡秀昭連長の元に約300人の連員がおり、多くの連員が海外公演の経験があり、年間200回以上の出演回数をこなす日本一の阿波踊り連のひとつです。

飛鳥連は娯茶平の唯一の姉妹連です。